散歩 道一杯に商品の在る商店街。

 最寄駅からの家までの途中に、駅から少し長い商店街があります。

 ビル街の商業施設ではなく、個人商店がズラリと並んだ商店街です。

 アーケードになっているので、太陽の日差しや雨から歩行者を守ってくれます。

 最近は、シャッターを下して閉めているお店もチラホラあります。

 寂しい感じもしますが、そういお店の向かいほど、道の半分・中央まで商品を道の上に置いてやりたい放題です。
 
 ある花屋さんの前の道、まるで花畑が道を埋めています。 

 お店の中よりも道の方に多くの花が飾られています。
 
 少し狭くなった道にある惣菜屋さん、営業時間外でも24時間お店の前に商品置台を置いています。

 アーケードが有って雨には濡れませんが、営業時間外も店の外に出しっぱなしです。

 24時間365日何年も道を占有しています。
oのを
 商店街であっても、道路交通法が当然ながら適用されます。

 道路上に物を置くことは、第44条の2(違法放置物件に対する措置)に違反します。

 こんなことは、商店街さんもお上も承知しているはずです。

 自動販売機でさえ、歩道上からも撤去されています。

 ではなぜ、商店街の違反には誰も何も言わないのか、是正されないのか?

 まあ早い話、お上と商店街の馴れ合いという事でしょう。

 通行人だけが、歩けない道で渋滞して困っているだけです。##

 事故が起きたら、一体誰が責任を取るのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする