散歩 生きてる街並み、映える壁画。

 夕暮れが少しづつ早くなって来ています。

 夕焼けが引いていくと、薄暗くなった西の空に明るい星が一つ。

 宵の明星、金星です。

 都会の悪い空気の中からでも良く見えます。
 
 この街もまるで生き物のように、新陳代謝をしています。

 いつの間にかここかしこに、更地や駐車場が現れ、新しい街並みになります。

 今となっては、何が建っていたのか、家屋だったかお店屋さんだったか見当もつきません。
 ある駐車場のブロック塀の前に人だかりがありました。

 塗装でもするのでしょうか、塀の前にブルーシートが敷かれ、歩道が汚れないようにされています。

 日中は暑いので、涼しくなる夕方前から少しづつ色を塗っているみたいです。

 数日して見てみると、何かお店の特徴を紹介しているような絵が描かれていました。

 約10メートルぐらいの大作です。この場所だけ、周りとは違う雰囲気ですね。

 街並みが変わっていきます。 歩く楽しみが増えますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする